プロペシアの実績

« プロペシアが効かない脱毛(5)牽引性脱毛症に関するページです。 | プロペシアナビTOP | プロペシアを正しく使うことにに関するページです。 »


プロペシアは、日本ではまだ輸入認可が下りてから間もない、使用実績の少ない製品です。
しかし、アメリカでは1997年には既にFDA(Food and Drug Administration) 食品医薬品局から認可を受けており、世界中で愛用されている薬品となっていますし、日本国内においても、万有製薬株式会社が2001年から臨床試験を開始していました。
こうした中で、プロペシアの効能は臨床的に証明されているといえます。
それでは、具体的に出されている数値はどのようなものなのでしょうか。

 海外の臨床試験の結果では、プロペシア1ミリグラムを5年間投与することで、90%の患者の抜け毛に改善が見られました。
 また、国内臨床試験では、0.2ミリグラムを1年間投与することで54%、1ミリグラムを1年間投与することで58%の改善効果が見られたとされています。
 国内における試験の方がかなり低い成果となっていますが、それでも従来の塗り薬などと比べると、かなり高い成果が出たと言えるでしょう。

このカテゴリー「プロペシアの効能<」では、以下のことも調べることができます。
プロペシアの効能

プロペシアの実績

>>> プロペシアナビ TOPへ
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.