フィナステリドが脱毛に与える
意外な影響

« 前立腺肥大症治療に関するページです。 | プロペシアナビTOP | 前立腺肥大症治療薬「プロスカー」と「プロペシア」の違いに関するページです。 »


前立腺肥大症は、男性ホルモンである「テストステロン」の働きによって生まれる「ジヒドロ・テストステロン」という物質が、前立腺に作用することで起こります。
 前立腺肥大症の治療に使われていたフェナステリドは、この「ジヒドロ・テストステロン」の血中濃度を低下させる働きを持つ成分です。このおかげで、前立腺肥大症を治療することができるわけです。
 実はこの前立腺肥大症の原因となっている「ジヒドロ・テストステロン」という物質が、男性の薄毛にも影響していました。
 そのため、前立腺肥大症の治療に用いられていたフェナステリドを使うことで、男性の脱毛が解消されるという現象が、偶然にも起こったわけです。

このカテゴリー「プロペシア登場のきっかけ<」では、以下のことも調べることができます。
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.