プロペシアの効かない人

« プロペシアの効能・効果などに関するページです。 | プロペシアナビTOP | 効果が出るまでに必要な期間に関するページです。 »


万有製薬株式会社によると、プロペシアの効能に関して、次のような注意が出されています。

(1)男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に関する適応はない。
※他の脱毛症についてはこちらを参照。

(2)20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。
※ホルモン系の薬物だけに、未成年は使用できないと考えて良いでしょう。
特に、小児の服用は避けるべきでしょう。

(3)女性に対する適応はない。
[海外で実施した閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした
12ヶ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験において、
フェナステリドの有効性は認められなかった。]
※万有製薬によると、以上のように説明がなされています。
要するに、女性の場合にも閉経後にホルモンのバランスが変化して男性型脱毛症になることがありますが、プロペシアはあくまで「男性の男性型脱毛症」に対して効力を発揮するものであって、「女性の男性型脱毛症」には効果がないということになります。

このカテゴリー「プロペシアの入手方法、価格、正しい使い方<」では、以下のことも調べることができます。
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.