プロペシアの使用によって
起こる副作用とは?

« プロペシア使用時に副作用が起こる確率に関するページです。 | プロペシアナビTOP | 妊婦が服用した場合の副作用に関するページです。 »


プロペシアの使用によって起こる主な副作用としては、以下のようなものがあります。
・リビドー減退(1.1%)
これは、男性ホルモンンの働きが抑制されることで、性欲、性衝動が低下するという現象です。
・勃起機能不全(0.7%)
リビドー減退同様、男性ホルモンの働きが抑制されることで起こります。
そのほか、顔や唇が腫れる、睾丸に痛みが生じる、乳房が痛くなる、乳房が大きくなる、その他の性機能障害などの症状が、稀な症状として報告されています。

なお、これらの副作用は通常、プロペシアの使用を止めることで改善します。

このカテゴリー「プロペシアの副作用<」では、以下のことも調べることができます。
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.