妊婦が服用した場合の副作用

« プロペシアの使用によって起こる副作用に関するページです。 | プロペシアナビTOP | プロペシアのメリットに関するページです。 »


プロペシアはもとより女性には効き目のない育毛剤ですが、妊婦が服用した場合、深刻な副作用をもたらすことがあり、大変危険です。
妊婦が使用した場合の副作用としては、男子胎児の生殖器官などの発育に、異常が発生する危険性があるという報告があります。
そのため、妊娠している人、または妊娠している可能性のある人は、プロペシアの服用は絶対に避けなければなりません。また、万有製薬株式会社の注意によると、割れたり砕けたりしたプロペシアの錠剤に手を触れることも避けるべきであるとされています。
妊婦以外では、授乳中の女性もプロペシアの服用は禁止されています。現在のところ、プロペシアの成分が乳に含まれるかどうかは、はっきりと分かっていません。

このカテゴリー「プロペシアの副作用<」では、以下のことも調べることができます。
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.