プロペシアのデメリット

« プロペシアのメリットに関するページです。 | プロペシアナビTOP | プロペシアに関するページです。 »


 プロペシアのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。
・男性の男性型脱毛症にしか効果がない。
・女性には効力がない。また、妊娠中・授乳中の女性が使用すると、胎児の成長が妨げられる恐れがある。
・4%の確率で、性欲低下、性機能障害等の副作用の恐れがある(く詳しくはこちら)。
・アメリカ・メルク社が開発し、FDAからの承認を受けたのが1997年であり、長期間服用した場合の副作用についてはまだ明らかになっていない。
・脱毛症の進行遅延が効能とされているため、必ずしも新しい毛髪がたくさん生えてくるとは限らない。
・既に毛髪のない部分が大きく広がっている場合、効き目が少ないという報告もある。

このカテゴリー「プロペシアのメリットとデメリット<」では、以下のことも調べることができます。
プロペシアのメリットとデメリット

プロペシアのメリット
プロペシアのデメリット

>>> プロペシアナビ TOPへ
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.