男性型脱毛症の原因

« 男性型脱毛症とはに関するページです。 | プロペシアナビTOP | どのようにしてプロペシアが男性型脱毛症に効くのか?に関するページです。 »


テストステロンは、スポーツ選手がいわゆるドーピングを行なう際に使用されることからもわかるように、身体を筋肉質にしたり、または男性の性機能にも関わったりしている、重要な物質です。
しかし、テストステロンは、体内にある5α−還元酵素という酵素が作用することで、ジヒドロ・テストステロンという物質に変化します。
このジヒドロ・テストステロンが毛髪に悪影響を及ぼす物質なのです。 
ジヒドロ・テストステロンの働きによって、毛髪の成長が妨げられ、毛髪は短く細いまま抜け落ちてしまうようになり、やがて薄毛が目立つようになってしまいます。

このカテゴリー「プロペシアは何故脱毛に効くのか<」では、以下のことも調べることができます。
 
【注意】 当サイトは、プロペシアに関する情報を正確に記載するように配慮しております。しかし、医学的知識のない管理人自身の経験、研究を元に作成しているために、その全てを保証するものではありません。症状や経過には個人差があり、自己診断で判断しないで、専門医で診察を受けること をお勧めします。
Copyright (c) 2005 プロペシア効果効能歴史メリットデメリット All rights reserved.